HONDA陸上部所属、元東洋大学の設楽悠太選手。

東洋大学に所属されていた時、2度の箱根駅伝総合優勝に導いた設楽悠太選手は、現在HONDA陸上部に所属されています。
東洋大学時代は、お兄様の啓太選手とともに、東洋大学のWエースとして話題になっていました。
ファンも多くいる、人気と実力を兼ね揃えた選手として注目されています。

実業団に入られてからは、世界陸上やリオデジャネイロオリンピックの日本代表として、世界でも活躍されています。
リオデジャネイロオリンピック後、東京マラソンに出場され、序盤から攻めの走りで、初マラソンながら2時間9分台のタイムでゴールされています。
東京オリンピックでの活躍が期待されている選手です。

世界陸上2017の男子マラソンの日本代表は、惜しくも逃された設楽悠太選手ですが、再びトラックで世界陸上の代表を狙うことを発表されました。
『リオデジャネイロオリンピック後は、マラソンをするのでトラックは最後』という発言もありましたが、ファンとしてはまたトラックを走る設楽悠太選手が見れるのはうれしいですね。

ロードに強いと言われている設楽悠太選手ですが、トラックでの実績も世界大会を経験されていることから、充分あると思います。
派遣標準記録突破されて、また設楽悠太選手が世界で活躍されることを期待したいと思います。