湯浅の食事処かどや食堂でもちもちの生しらすを丼でいただく

JR湯浅駅から徒歩すぐの道の角にある、その名もお食事処『かどや食堂』。
しらす漁が盛んな地ですから、きっと美味しいしらすが食べられるだろうとランチタイムに入りました。
ご主人が物静かに感じ良く迎え入れてくれます。

かどや食堂は、こじんまりしたお店で、見たところカウンター数席と、奥に5~6名程座れる座敷があるのみ。
雰囲気はよくある定食屋の趣です。

かどや食堂のメニューは豊富で、定食物も一品料理も数多くあります。
その中からもちろんお目当てのしらすのメニューを探しました。

『生しらす丼』この文字を見た途端、他のメニューは眼中になくなり、生しらす丼(\1,100)と、この辺りの名産品『金山時味噌』を使ったもろきゅうを注文する事にしました。

待つこと数分。

待望の生しらす丼がどーんと…あれ?
お盆にご飯と生しらすが別々に盛られ、味噌汁と漬物とのり・生姜がそれぞれ器に盛られています。

定食頼んでないよ、と言いたそうな私に、すかさずご主人が『暖かいご飯の上に生しらすを盛った状態だとせっかくの生しらすが煮えてしまうので、こういった形で提供しています』と説明して下さった。

なるほど生しらすを美味しく頂く為の工夫なのですね、別盛りの状態は。
かどや食堂のご主人に教えられた通り、ご飯にしらすを盛り、のりを散らして特性タレをかけて頂きました。

生ぐささは一切なく、食べた事のないもちもち食感を楽しみながら一気にかき込み完食。
美味しかった~大満足。

食後のデザートは金山時味噌を添えたもろきゅう。
もちろんこれも完食です。

湯浅に来たら、他店には無いしらすの良さを引き出した『かどや食堂』の生しらす丼、おすすめです!

店名:かどや食堂
住所:和歌山県有田郡湯浅町湯浅1109-1
電話:0737-62-2667