秀坂、宮崎市広島にあるお袋の味わいを堪能できる軽食喫茶

老舗の喫茶店として地元民から愛されているのが、【秀坂】です。

秀坂はランチメニューが一押し、常連客のほとんどがこのリーズナブルな価格のランチを目当てに訪れるといいます。
ハンバーグ定食750円をはじめ、カレーや生姜焼きなど、秀坂はTHE喫茶店と呼べるメニューがラインナップされています。

味があるお店は外観もレトロですが、内装も昭和チックな雰囲気で居心地の良さがあります。
ムードのある雰囲気はもちろん、テーブル席の椅子も年季が入った一脚です。

秀坂は、お母さんが1人で切り盛りされてますから、対応が追い付かないこともあるようですが、人柄の良さがあり、待つのも苦にならないようです。

一押しとなるハンバーグは、手作り感のあるドンと大きな手捏ねハンバーグになっています。
大盛りごはん、味噌汁、つけものもセットで、リーズナブルな価格です。

ちなみに、生姜焼きには組み合わせ方には珍しいきのこも入っているようです。
もちろん、食後にはコーヒーもサービスしてくれます。

秀坂のランチは11:30のタイミングが狙い目であり、この時間帯ならすぐに席につけますし、すぐにオーダーが通ります。

店名:軽食喫茶 秀坂
住所:宮崎県宮崎市広島2丁目12-16
電話:0985-25-0275

egg東京、池袋駅から徒歩2分にある絶品卵料理がおすすめのカフェ

店名:egg東京
住所:東京都豊島区東池袋1-18-1-1F
電話:03-5957-7115

JR池袋駅東口から徒歩2分に位置する朝食で有名な卵料理専門店「egg東京」です。
おすすめ料理は朝食にも昼食にも食べられるエッグロスコという食パンの上に卵とホワイトチェダーチーズを乗せてオーブンで焼いたegg東京オリジナルの料理です。

ナイフを入れると半熟の卵が流れるように出てくる絶品卵料理です。
付け合わせのケールやのソテーやトマトソースと一緒に召し上がって下さい。

ケールもシャキシャキでみずみずしくとても美味しいです。
こちらの価格は税込み1,800円になります。
ドリンク別。

egg東京は接客業務についてもとても丁寧で喚起をしていて、冬場でとても寒かった日なのですが、ひざ掛けを貸して下さったり、子連れでお伺いしていたら子供が飽きないようにとクレヨンを持って来てくれました。

テーブルには元々紙が敷かれていてお絵描きが出来る仕掛けになっているのです。
子供はテーブルに思いっきりお絵描きが出来るので飽きずに私も絶品の卵料理をゆっくり美味しく味わうことが出来ました。

egg東京は店内も明るくとても清潔感のあるお店で今後も利用したいと思うお店でした。

新潟市の「Material cafe」はチョップドサラダとパンケーキ+αで人気

新潟市中央区万代には、デパートやファッションビルがり、おしゃれなカフェ、
カレーや蕎麦のお店やファストフードなど、美味しく食事ができる店舗がたくさんあります。

「Material Cafe(マテリアル カフェ)」は、4年ほど前にオープンしたチョップドサラダ(食材を細かく刻み、ドレッシングなどであえたサラダ)と、ふわふわのパンケーキで人気のカフェです。

Material Cafeのスタッフが、特製のナイフで手早く細かく食材を刻むところを見た時は「こんなサラダがあるんだ。食べてみたいな。」と、気になっていました。
また、ふわふわのパンケーキは、当初は、確か14:00位からの提供でしたが、かなりの盛況だったようで13:00からに。

その後、仕事でMaterial Cafeの前を通ると、パンケーキはオープンの11:00から提供となっていました。
きっとたくさんの要望があったんですね。
よかった!

Material Cafeのメニューは、チョップドサラダは、コブサラダ(880円)、タイランド・キッチン(880円)、ザ・ヒップスター(880円)、カスタムサラダ(880円)などがあります。

パンケーキは、プレーンパンケーキ(680円)、ミックスベリーパンケーキ(880円)、キャラメルバナナパンケーキ(880円)の他にも、季節限定のパンケーキもあるようです。

そして、更にパワーアップしたのは、+αでカレーのメニューが追加されたこと。
Material Cafe、もっともっと人気が出そうですね。

店名:Material Cafe
住所:新潟市中央区万代1-6-1 バスセンタービル2F
電話:025-385-6066

新潟市中央区の「サンセット カフェダイニング SUN SET Cafe Dining」で楽しむランチ

新潟市中央区万代には、ファッションビルやデパートが立ち並び、NGT48劇場、おしゃれなカフェ、イタリアン料理をはじめ、ラーメン、握り寿司、ファストフードなどの店舗もあり、多くの人で賑わいます。

その中で、「SUN SET Cafe Dining(サンセット カフェダイニング)」は、ダイニングバー、カフェとして人気のあるお店です。
何度か友人と利用していますが、久しぶりにランチタイムにお伺いしました。

ベーグルプレート(900円)、ごはんプレート(900円)、パスタプレート(950円)、日替わりパスタプレート(950円)があり、ベーグルプレートは、野菜のたくさん入ったベーグルサンドに、サラダ、前菜、キッシュにドリンクがついています。

大好きな野菜がたくさん摂れるのが、嬉しいですね。
サンセット カフェダイニングは、他のごはんプレートやパスタプレートにも、同じくサラダ、前菜、キッシュ、ドリンクがついているようです。

サンセット カフェダイニングでは、「ハニートースト」が人気のようで、運ばれているのを見ましたが、凄いボリュームでした。

厚切りのパンの中がくり抜いてあり、アイスクリームや生クリーム、フルーツなどがたくさんのっているようでした。
きっとスウィーツ好きの女の子には、たまらないメニューなんでしょうね!

店名:サンセット カフェダイニング SUN SET Cafe Dining
住所:新潟市中央区万代1-1-22
電話:025-249-6533

愛知県名古屋市名東区一社、カフェsabuHiro(サブヒロ)のモーニング

サブヒロは、2012年にオープンしたカフェなのだそう。
自動車のナビで案内してもらった「一社近く」「駐車場あり」「モーニングあり」の人気店、カフェsabuHiro(サブヒロ)さんに行ってきました。

店頭には、高級食パン店のい志かわから取り寄せたパンでモーニングをしているようなポスターが貼ってあり、かき氷もたくさんの種類が書いてあったので、期待できそうだと思って入店。

モーニングが目的だったので、メニューでモーニングを見たところ、サブヒロはドリンクを注文してモーニングも別注文するスタイルでした。

マンゴージュース500円に厚切りパンや薄切りパン200円なので、最低価格でも700円とちょっとお高め。
商品によってはフルーツサンドのモーニング1000円などもあって、選択肢によっては1人あたり2000円弱になってしまいそう。

ロイヤルミルクティーとマンゴージュース、卵サンド(オープンサンド、1枚分で半分にカットしてある)、フルーツサンドを注文。
合計2200円。

サブヒロのモーニングは、自家製ヨーグルト、サラダがついてきます。
フルーツサンドには庭でなっているばんぺいゆを使ってくれて、生クリームも甘すぎず贅沢な味。

価格がリッチな気がしましたが、ドリンクも食事も手がかかっていて、サーブもヨーグルトを食べきったと思った頃合いをみはからって提供してくれるホテルのよう。
贅沢時間を過ごすことができました。

店名:カフェ sabuHiro(サブヒロ)
住所:愛知県名古屋市名東区一社2-55 斉藤ビル 1F
電話:052-704-0788

広島市、神戸珈琲物語 カフェ ポッシュファーストの最高のおもてなし

神戸珈琲物語 カフェ ポッシュファーストは、広島そごう新館にあるカフェで入り口は狭いですが、中はとても過ごしやすかったのでおすすめです。

店内はシンプルで居心地が良く、窓側の席は、景色がとても良くてゆったりと過ごせます。
神戸珈琲物語 カフェ ポッシュファーストの店員さんのおもてなしも気持ちいいものでした。

アフタヌーンティーセットが有名ですが、ランチも、サンドイッチなどの軽食も、もちろんスイーツもあります。
アフタヌーンティーセットは、一人分から頼めるので、同行者にも無理に一緒に食べて、と言わなくてもいい所がいいですね。
コーヒーか紅茶を選ぶのですが、どちらもポットで来るので、たっぷりいただけます。

オレンジジュース(766円)は、やはり美味しかったです。
お得なスィーツプレート(1,134円)は、ケーキが選べて、クッキー、スコーン、飲み物もセットでお得です。

ランチも、神戸珈琲物語 カフェ ポッシュファーストはただのカフェランチではなくて、しっかりと食べれるメニューでした。

お昼はランチを楽しむ方で多く、午後からはスィーツが大人気のようでした。
神戸珈琲物語 カフェ ポッシュファーストは、皆さんおしゃべりを楽しみに来ているようで、ゆったりと過ごされてました。

店名:神戸珈琲物語 カフェ ポッシュファースト 広島そごう店
住所:広島市中区基町6-27 そごう広島店 新館3F
電話:082-502-7251

新潟市中央区、スズキ食堂車はテイクアウトの焼菓子中心のカフェ

新潟市中央区学校町通りの端の三角地帯にある「スズキ食堂車」。
車やバスで通りかかる度に、ネーミングも珍しく、何のお店なんだろう、と気になっていました。

お昼にバスの中から見ていると、スズキ食堂車に数人の女性が並んでいることも多く、窓を開けて注文しているようです。

スズキ食堂車に行って見ると、小さなかわいらしいお店で、外から見えるようにショーウインドウがあり、何種類かの焼き菓子を中心としたスウィーツが並んでいます。

クッキー、数種類のパウンドケーキ、タルトやパイ、ビスコッティ、スコーンなどもあります。
たくさんあって目移りします。

迷いに迷いましたが、お試しでアップルケーキを選択。
窓から注文しました。

商品の脇には、その使用している材料を表示してあります。
アレルギーの人も多いので、お店の方の気遣いを感じました。
日によっては、サンドウィッチやスープなどの販売もしているとのこと。

スズキ食堂車の名前の由来は、以前は車で移動販売をしていたからだそう。

それを聞いて納得。
お店の方の優しい笑顔が印象的です。

スズキ食堂車のアップルパイは、リンゴの酸味を生かした自然で優しい味でした。
美味しい!

自然の素材を生かした優しいスウィーツがたくさん。
通いたくなるお店です。

店名:スズキ食堂車
住所:新潟市中央区学校町通2番町5299-3
電話:090-5570-7545