ル・フルティエ 祝園店、京都府精華町にある気取らない洋菓子屋

ル・フルティエ 祝園店は、以前に年の近い友人と2人、お茶をしに行ったことのあるケーキ屋さんです。
当時タウン誌で取り上げられていたのか、クーポンでもついていたのか、そんな感じのきっかけで、家からは少し遠い場所でしたが行ってみました。

オーナーシェフは有名な洋菓子店にいらっしゃった方のようですが、ル・フルティエ 祝園店の入っている商業施設が「ショッピングセンター」のような感じのところで、全然気取ったところがなく、値段も高い訳ではなかった、でも「ここまできてここのケーキを食べられて良かったね、美味しかったね」そんな印象が残っています。

私には入りやすかったです。
近所の方も多く来ておられて賑わっていました。
私達もケーキを分け合って、普通にペチャクチャおしゃべりも楽しんだ記憶があります。

ル・フルティエ 祝園店の客層も、裕福なマダム達ばかり…じゃなくて、若い人たちもいらっしゃったような。
場所もとても分かりやすいですし行きやすいです。

電車で行けば祝園駅下車、ル・フルティエ 祝園店はすぐそばにあります。
車で行っても線路沿いに南北に走っている府道22号線沿いで、繁華で大きすぎる道ではないので、商業施設の駐車場にも車を入れやすいです。

店名:ル・フルティエ 祝園店
住所:京都府相楽郡精華町祝園西1-9-46 せいかガーデンシティ1F
電話:0774-95-0809

丸の内で美味しいケーキを食べるなら丸ビルのハーブス

丸の内で美味しいケーキを食べたくなったら、ハーブス 丸ビル店がおすすめです。

店名:ハーブス 丸ビル店
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル 3F
電話:03-6269-9595

ホワイトと木目を基調としたハーブス店内は清潔感があり、大きくとられた窓からはたっぷりの日差しも注ぎ込み明るい雰囲気で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
座席は74席あり、テーブル席のほかに人気のソファー席の用意もあります。

ハーブスのおすすめは、11:00~15:00 限定のランチセットで、サラダ・お好きなパスタ・本日のハーフサイズのケーキに飲み物がコーヒー・紅茶 ・ジュース から選べます。
アルデンテに茹でられた本格的なパスタは、ケーキ屋さんとは思えないほどの味わいです。

ケーキももともとが大きめサイズなので、ハーフでも一般的に販売されているケーキと同じくらいの量があり食べ応え十分です。
飲み物もケーキと相性の良いコーヒーや紅茶をセレクトしているのがポイントです。

ハーブスのフレッシュさを追求したケーキは、常時14種類前後を取り揃えていて、定番人気ある様々なフルーツがたっぷり入ったミルクレープはじめ、季節限定で登場する旬のフルーツや食材を使用したパイやタルトなど魅力的なものばかりです。

新宿で美味しいフルーツを食べたくなったらタカノフルーツパーラー本店

新宿で美味しいフルーツデザートを食べたくなったら、新宿高野本店 タカノフルーツパーラーがおすすめです。

店名:タカノフルーツパーラー本店
住所:東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店5F
電話:03-5368-5147

タカノフルーツパーラーの営業時間は、11:00~21:00(L.O.20:30)なので、会社帰りのご褒美タイムでの利用も可能です。

メニューは定番の自家製プリンにフルーツがたっぷり乗ったプリン・ア・ラ・モードや色々な種類のフルーツが食べられるフルーツパフェはじめ、フルーツならでは旬の物が食べられるシーズンメニューが豊富です。

タカノフルーツパーラーおすすめは、定番商品のフルーツワッフルで、メレンゲを使用して外側はさっくり中はふんわりと軽い口当たりのワッフルに、コアントローゼリーやシャーベット、フルーツを重ねたミニパフェと、数種類のカットフルーツがついた豪華セットのプレートです。

ワッフルにはシロップやルバーブ入りブルーベリージャムをお好みでかけて食べられます。
ボリュームがあるので、女性の方でランチ利用されてる方も多いです。

タカノフルーツパーラーは、前菜からメインデザートまで本格的なコース仕立てでフルーツを味わえるメニューもあり、その時期に美味しいフルーツを目一杯楽しむことができます。

やすらぎSweets処 めるたん、名古屋市の可愛い雰囲気で美味しい洋菓子店

店名:やすらぎSweets処 めるたん
住所:愛知県名古屋市守山区小幡中1-6-15
電話:052-799-3737

めるたんのおすすめは、何と言っても「でっかいシュークリーム」230円です。
サクサク生地の中に、たっぷり甘いクリームがぎっしり入っています。
正直言って一度食べたらやみつきになります。

めるたんは、大きなシフォンケーキも美味しいですよ。
価格は1000円ですが、箱無しにすると780円で購入もできます。
自宅用、贈呈用に合わせて購入できるのも、とても嬉しい商品です。

めるたんのシフォンケーキは、メープル、バニラ、アールグレイの3種類。
中はしっとりしており、大きい商品なのですが、一人でペロリと食べてしまうこともあるほど、軽く食べられます。

これらの買って帰るのは勿論、中で食べるコーナーもありますので、お好みに合わせて食べられますよ。

めるたんは、定期的にイベントもやっていて、お安く商品を買うこともできますので、気になる時はお店に行ってポスターをチェックしています。

店員さんはみなさん優しく、子連れの私のためにドアの開け閉めをわざわざしてくださったりしてくれます。

めるたん店内で食べているお客さんが、スプーンを落とした時にはすぐに駆け付け、代わりを渡すなど、気遣いもしてくださいます。

大阪・梅田、アメリカンパイ専門店、スラッピーケークス大阪店

大阪の梅田エリア、駅直結のルクアイーレ5Fにあるアメリカンパイ専門店です。

Slappy Cakes(スラッピーケークス)は、2009年にアメリカのオレゴン州、ポートランドで創業されたお店で、地元では、All Day Breakfast Restaurantとして親しまれています。
ハワイのマウイ島にも店舗があり、アメリカンカフェ・ダイナーとして知られています。

友人とお茶した時に訪れましたが、並んでいて、スラッピーケークスの人気の様子がうかがえました。
先払いで、メニューをオーダーしてから、着席するスタイルで、お水やテーブルセットは、セルフサービスです。

スラッピーケークスは、人気のパイメニューが色々とあり、旬のアップルパイのセットにし、アイスコーヒーといただきました。
アメリカ発ということもあり、一口目のアップルパイに添えられたソフトクリームは、甘めでしたが、アイスコーヒーに入れて、コーヒーフロートにして、美味しくいただきました。

スラッピーケークスのアップルパイは、シナモンやパウダーシュガーがきいていて、スイーツ時間を楽しみました。

店名:スラッピーケークス(Slappy Cakes) 大阪店
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ5F
電話:06-6151-1574

イオンモール長久手にある「IKEDA-YA(イケダヤ)」でジェラート

全国の調査でも住みやすい街で人気の愛知県長久手市。
比較的新しいイオンモール長久手のフードコート内にあるIKEDA-YA(イケダヤ)は無添加ジェラートが食べられるお店です。

こだわりジェラートはおいしいので、他のイオンモールにないか探したんですが、なかなか店舗がなくて残念。
IKEDA-YA(イケダヤ)は、時々、試食をすることができて、スプーンに味見ができます。

490円の3フレーバーを注文することが多く、お気に入りフレーバーはピスタチオ、ミルク、杏仁豆腐、ほうじ茶、いちごミルクなど。
IKEDA-YA(イケダヤ)は日替わりのフレーバーも多く、前に行った時は抹茶も濃い抹茶と普通の抹茶の2種類があったりした時もありました。

味は無添加なので素材を活かしたままです。フレーバーによっては酸っぱいと感じるものもあります。
フルーツは味がそのまま生きているのがわかるほどで、大人も子供も大好きな味でした。

IKEDA-YA(イケダヤ)は、無添加ジェラートなので量は少ないかなと感じてしまうことはあるものの、味もおいしく店舗も限られているので、「500円の贅沢」と思って行くと食べてしまうことが多いです。

店名:IKEDA-YA(イケダヤ)
住所:愛知県長久手市 長久手中央土地区画整理事業地内
電話:0561-64-2753

白安(福梅本舗)、夏の白浜で一度は体験したい生フルーツの絶品かきごおり

店名:白安(福梅本舗)
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2497-36
電話:0739-43-0917

白安は、夏季限定で梅干し屋さん(福梅本舗)のカフェスペースにて、出店されています。
白安の氷は、仲氷屋さんの氷を使用しています。
一般的な純氷が48時間かけて凍らせているところ、仲氷屋さんの氷は、72時間かけてゆっくりと凍らされているので、より滑らかで口当たりの良い氷になっています。

そして肝心な白安のシロップですが、全部で10種類3段階のランクに分かれています。
まず、市販シロップのかき氷、ブルーハワイとマンゴーのかき氷はお値段400円。
そして以下手作りのシロップは、無添加・無着色です。

イチゴ(とちおとめ、まりひめ)
抹茶 (京都小山農園)
梅  (紀州南高梅)甘い・すっぱいが選べる
じゃばら(和歌山県にしかない柑橘)
みぞれ(名水富田の水使用)
ココアミルク(ココアと和三盆を使用)

こちらはお値段500円。
無添加・無着色のシロップと市販のシロップとの値段の差が100円て、計算あってるのかな、という感じですがほんとに味も雲泥の差なので、絶対手作りを選んでください。

そして、白安かき氷のの真骨頂といえば、数量限定の生フルーツのかき氷です!
こちらがまだある時は、是非是非こちらを選んでほしい。

種類は桃とメロンの2種類、果肉感をたっぷり感じる、まるで果物そのままのシロップです!
しかもあとで薄まらないように、さらにシロップが別添えでつけてくれています。
それがなんとお値段600円で提供されているのです。

白安は、本当は人に紹介したくない(数量限定だし、価格も上がってほしくないので)今どき珍しい良心的なお店です。
白浜という土地柄、観光客価格の店がほとんどなのに、本当に奇跡のような品質とお値段なので、絶対食べてみて損はないと思います。

ただ、生フルーツのシロップは数量限定なので、早めの時間に(午前中)に白安に行かれたほうがいいと思います。
そして、夏季限定の出店なので、その点もご了承ください。

白安は、接客もとても気持ちの良い接客をされていて、一人で来る近所の小学生の女の子が、常連さんにいらっしゃるそうです。
すべての人に居心地のいい空間なのだと思います。